スポンサードリンク



子宮内膜症

の知識

子宮内膜症について


子宮内膜症についてでは
子宮内膜症の症状や種類、治療について紹介しています。

子宮内膜症ではないか?と悩んでる人へ。

子宮内膜症は良性の病気です。
子宮内膜症のことを知りましょう




子宮内膜症とは子宮の内膜が何らかの原因で
卵巣や卵管、腹腔などの子宮内以外の場所に発生してしまい、
生理の周期に合わせて増殖、剥離を繰り返す病気です。

なぜ問題があるのかというと、
子宮内と違って血液の出口がないためにその場所に
たまってしまい、周辺組織と癒着して、ひどい生理痛
や腰痛、性交痛、排便痛を起こしてしまいます。
 
毎月の生理の度につらい思いをするだけでなく、
日常生活に支障をきたしたり、セックスや不妊、
人生設計までもおびやかすほど女性のライフスタイルに
影響を及ぼしてしまいます。

人に相談しにくい症状のために、つらいのに抱え込んで
しまってストレスになってしまうこともあります。

生理は病気ではなく、生理痛があって当たり前と教えられて
きたために、我慢してしまっている人もいると思います。
 
子宮内膜症は完治が難しい病気ですが、
発見が早ければ
症状はかなり軽減できます。

病巣は点在していることが多く手術では取り去ることが難しく、
薬で小さくしてもまた再発するということがよく見られます。

30代、40代に多い病気でしたが、今では10代、20代の
女性にも増えています。

子宮内膜症は良性の病気です。



子宮内膜症の主な自覚症状
・生理痛
・生理以外の下腹部痛
・レバー状の塊が出る
・腰痛
・排便痛
・腹部膨満感
・不妊
・生理の経血量が多い
・性交痛
・疲労感や消耗感

子宮内膜症の種類

子宮内膜症・・・卵巣、卵管、骨盤腹膜など骨盤内に発生
          したもの特に卵巣内に発生したものは、
          古い血液がたまってチョコレートのような
          嚢腫になるために卵巣チョコレート嚢腫
          と呼ばれ、最も頻度が高い

子宮腺筋症・・・子宮筋層内に発生したもの

骨盤外子宮内膜症・・・肺やへそ、膣、外陰部などの骨盤外の
              臓器に発生したもの

子宮内膜症の診断
子宮内膜症の診断は難しいため、正しく診断されるまでに
年月を要することがあります。
 
子宮内膜症は医師によって診断に差が出やすく、
また単なる月経困難症なのに子宮内膜症と診断されて
しまうこともあります。
反対に、異常なしと診断されて数年後にやはり子宮内膜症
だったということもあります。
 
子宮内膜症の診断をきちんと受けて治療するには、
タイプの違う病院(個人病院や大規模病院など)
を2、3軒受診してみることが必要です。これにより、
誤診を防ぎます。
 

子宮内膜症の場合、
ここ半年に急激に生理痛がきつくなった
など、何か変化があるのが特徴で、
初潮からずっと生理痛がきつい人や、生理が不順で
生理痛がきつい人は子宮内膜症ではないことが多いです。
子宮内膜症の人は生理が順調なことが多いからです。


診断には「臨床診断」と「確定診断」の2つの段階があります。

「臨床診断」とは、内診や超音波検査で診断すること。

「確定診断」とは、腹腔鏡検査を行って診断すること。

臨床診断だけで確定診断を受けていない状態を
「臨床子宮内膜症」といいます。

*腹腔鏡検査とは、全身麻酔をしてお腹に2〜3oの
小さな穴を開けて腹腔鏡を挿入して行う検査。
検査だけなら1時間前後で終わります。
 

子宮内膜症の治療
 
◆薬物療法◆
 
 鎮痛剤・・・子宮内膜症の症状である痛みをとる薬。
        生理のページで紹介した。プロスタグランディン
        という物質の発生を抑制します。

 漢方薬・・・体質に合った薬が見つかれば、血流などが改善
        されたりして、症状が緩和できます。
        

ホルモン療法
 低用量ピル・・・排卵、生理を止めることによって症状を軽減
           する。
           副作用は少ない 
          *低用量ピルのページを参照してください

 GnRHa療法・・・脳に作用して女性ホルモンの分泌を抑える
           気分の落ち込みや、うつ状態などの精神症状
           や、更年期障害のような症状が出ることが
           あります。
           点鼻タイプ:スプレキュア、ナサニール
           注射タイプ:リュープリン

 ダナゾール療法・・・脳や卵巣に作用して女性ホルモンの
             分泌を抑制する
             症状の改善効果は高いが、体重増加や、
             にきび、声が太く低くなる、体毛が濃くなる
             などの男性化現象のつらい副作用が
             あるため、最近では使用は敬遠される
             傾向にあります。 
           ダナゾールの代表的な製品名:ボンゾール       

手術
 
保存手術・・・妊娠出産を希望している人や、未婚の場合に行う
        病巣部のみをとります。
        しかし、すべての病巣を取ることは難しく、
        再発の可能性があります。

順根治手術・・・子供はもう望まないという人に適用される
          少なくとも片方の卵巣を残して、子宮を全適する
          残った病巣が再発する可能性はある。
         

根治手術・・・子宮と2つの卵巣を摘出します。
        生理がなくなってつらい症状から解放されますが、
        女性ホルモンの分泌がなくなるので
        更年期障害が起こってきます。
        


最後に
子宮内膜症は日常生活や夫婦生活に与える影響が
とても大きい病気ですが、認知度は低く、たかが生理痛
といった風に人になかなか理解してもらえないということが
あります。

病気のことを家族やパートナーにしっかり伝えて
理解を得ることが必要です。
なかなか理解が得られない場合は、主治医に話してもらう
というのもひとつの手です。


■お願い
 ハッピー育児★生活 毎日が宝物は
個人が運営しているサイトです。

病気に関しては、一般的な症状などを
書いていますが、
症状の出方は人によって差があり、
教科書どおりではないことが多いです。
 
心配な症状があれば、早めに医療機関を受診して
専門家の診察を受けるようにしてください。

コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP


ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング




プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved