スポンサードリンク



離乳食

って大変?

離乳食について考える


ここでは離乳食の開始時期の考え方や
自分自身の経験について紹介しています。

離乳食の開始はたいていの育児書には
6ヶ月頃からとなっていますが、

離乳食を開始しなくても1才を過ぎる頃まで
母乳やミルクだけで赤ちゃんは育つともいわれているのです。







離乳食ってとても難しく考えていました。

まだ歯の生えていない赤ちゃんに食べさすために、
やわらかく煮たり、裏ごししたり・・・
この裏ごしが、結構大変。

市販の顆粒だしは使えないし・・・

味付けは大人よりも薄く・・・

いっぱい決まりごとがあって、大変・・・!

それでも、赤ちゃんは6ヶ月ごろになると
母乳やミルクだけでは栄養が足りなくなると言うので、
なんとしてでも離乳食を与えなくてはいけないと思って、
一生懸命離乳食作りに励みました。

離乳食専用の裏ごし器やすり鉢がセットになった物も、
わざわざ購入しました。

そして、教科書どうりに6ヶ月から離乳食を始めて、
段階を進めていました。

私は小さい頃からアトピーがあったり、
食べ物にもアレルギーがあったので、
(えびやかにを生で食べるとアレルギーが出ます。
ゆでたり焼いてあったりすると大丈夫なのですが)、
気をつけなくてはいけないとは思っていましたが、
アレルギーの出やすい食品を避けていれば、
大丈夫だと思っていました。



でも、あるとき、離乳食の開始時期について、
ある育児教材のセールスの方から教えていただき、
今まで自分が正しいと思っていた、
離乳食の開始時期についての知識が間違っていた
ことを知って
愕然としました。

その方のお話によると、
今日本で一般的に進められている
離乳食の開始から終了までのプロセスは
戦後の日本に始められたもので、
それが今でもそのまま受け継がれているとのこと。

そして、その考え方は、今やアメリカなどでは、
早すぎる離乳食開始の弊害として、
改善され、改められているという事なのです。

そうなのです、つまり、
日本で現在も当たり前にされている、
6ヶ月からの離乳食の開始は赤ちゃんにとって
早すぎるものであって、
離乳食に含まれているたんぱく質は、
赤ちゃんにとってポイズン(毒)で、
アレルギーの原因になっていると言うのです。

どういうこと!?

私は耳を疑いました。

私がこのことを知ったのは、
離乳食を開始して3ヶ月ほど経ったときだったのです。

「えー!もう離乳食始めてしまってます。」
と、思わず話しました。

もっと早く教えて欲しかったよー!



その方の話では、離乳食の開始は
1歳を過ぎてからで良いとの事で、
それまでは赤ちゃんは母乳やミルクだけで
十分に育つということです。

そして、1歳を過ぎたあたりから、
たんぱく質を含まないコーンスターチを溶かして
とろみを付けた物からはじめたら良いとの事でした。

早すぎる離乳食の開始が、
現代のアレルギーの原因になっているという考え方が
あるそうです。



そもそも、昔は離乳食など作って
赤ちゃんにわざわざ与えてはいませんでしたよね。

母乳が出ていれば、
それこそ出なくなるまで与えていたと思います。

それでも、赤ちゃんは元気にすくすく育っていたし、
そんな時代には、多分アレルギーなんて存在していなかった
と思います。

それに、まだ歯も生えていなくて、
食べ物をかむことができない赤ちゃんに、
わざわざ飲み込めるように食品を加工して与えるなんて、
なんだか滑稽に思えてきました。

そして、離乳食に対する考え方が変わりました。

母乳が出ていたら、なるべく長く飲ましてあげて、
歯が生えてきて噛む準備が整ってきたら、
離乳食を開始することを考えたらいいんだ、と。


私は、もうすでに自分の第1子に
6ヶ月から離乳食を与えてしまいました。
アレルギーが出るかどうかは分かりませんが、
出ないことを祈っています。

もし、二人目の赤ちゃんを授かることができたら、
今度は教えてもらった方法を実践したいと思っています。



あと、レトルトの離乳食は使いやすくて、
おいしいと雑誌などにも書いてあるし、
助産師さんにも、上手に使えば便利だと教えてもらいましたが、
友達にもらったものを食べてみましたが、
やはりレトルト食品の味で、私はおいしいとは思いませんでした。

だから、手の込んだものは作れなくても、
レトルトは使わずに、野菜などを煮て食べさせていました。


皆さんは、離乳食どうしていますか?





コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP

ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング




プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved