スポンサードリンク



ピル

の知識

ピルについて


ピルについてでは低用量ピルについて、
働き、副作用などについて紹介しています。

低用量ピルは副作用が少なくなっているとはいえ
不安を抱えたままでは安心して使うことができません。

ピルのことを知りましょう。




「ピルって聞いたことがあるけれど、
ホルモン剤が入っていて、
なんだか副作用が恐そう。」

そんな風に感じていて、興味はあるけれど
使ったことが無い人は多いと思います。

1999年に日本でも副作用の少ない低用量ピルが解禁になって、
その作用も避妊だけではなく、生理を軽くしたり、更年期障害の
予防、卵巣がん・子宮体がんになるリスクを低くしたり、
そのほかにもうれしい作用があることが分かっています。

そこで、この低容量ピルについて、まとめたいと思います。



ピルとは二つの女性ホルモン(卵胞ホルモン<エストロゲン>と
黄体ホルモン<プロゲステロン>)が入った薬で、
避妊や生理に伴うさまざまな症状を改善するなどの
効果があります。

ピルの主な働きとして

@確実な避妊ができる
A生理の周期が規則正しくなる
B生理予定日を調整できる
C過多月経や生理痛の軽減
D子宮内膜症の進行を抑えたり、予防する
EPMS(月経前症候群)の軽減
F更年期障害の改善・予防
G骨粗しょう症の予防
H卵巣がんにかかるリスクを下げる
I子宮体がんになるリスクを下げる

などがあげられます。

ピルは医師の処方がないと購入できないため、
婦人科にいく必要があります。

処方を受けるには、ピルが服用できるかどうかのチェック
(問診と血圧測定など)と、必要に応じて内診や肝機能検査、
子宮がん検診などをすることもあります。

低用量ピルは保険がきかないので、一ヶ月の薬代は
2千円から3千円程度と、それに加えて診察代がかかります。

ピルの服用で副作用が現れたのは10人に1人の割合で、
下記のような結果になるそうです。

85.5% なし
7.5% 不正出血
1.5% 吐き気
1.1% 血圧上昇
1.1%  頭痛
1.1% ニキビ
0.9% 乳房緊満
0.9% 体重増加

この中で不正出血や吐き気は飲み続けると
解消されるものです。

また、ピルは太るといことが盛んに言われていましたが、
こちらも1%程度と低いことが分かっています。


ピルを服用していた人でも、服用をやめれば、早ければ翌月、
遅くとも3ヶ月後には妊娠可能な状態に戻ります。


35歳以上でタバコを1日に15本以上吸う人は、
ピルを飲むことで心臓発作や脳卒中を起こすリスクが高くなる
というデータがあるため、
使用を避けたほうが良いといわれています。

また、妊娠中・授乳中の人、過去に血栓症を起こしたことの
ある人、現在子宮がん・乳がんにかかっている人、原因不明の
不正出血のある人などは服用できない人にあげられています。



ピルで確実に避妊できるからといっても、セックスによる性感染症
を防ぐため、必ずコンドームは使用してください。

避妊はピルで、性感染症の予防はコンドームでというのが、
今や世界の常識となっています。


胃薬や便秘薬、頭痛薬、風邪薬などは一緒に飲んでも大丈夫
ですが、抗生物質の中には避妊効果を下げるものがありますし、
副腎ホルモン剤や抗うつ剤などの中には、ピルとの併用で
薬の作用が強くなるものもありますので、
医師や薬剤師にはピルを飲んでいることを必ずはっきりと
伝えてください。


うれしい効果もあり、自分の生活に役立てている女性も大勢
いらっしゃいますが、体の働きを調整する薬には違いないので、
必ず医師の処方、診断のもとで正しく使ってください。


■お願い
 ハッピー育児★生活 毎日が宝物は
個人が運営しているサイトです。

病気に関しては、一般的な症状などを
書いていますが、
症状の出方は人によって差があり、
教科書どおりではないことが多いです。
 
心配な症状があれば、早めに医療機関を受診して
専門家の診察を受けるようにしてください。

コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP


ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング




プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved