スポンサードリンク




赤ちゃんの性別

判断

赤ちゃんの性別は?


赤ちゃんの性別 は?(妊娠8ヶ月)では
自分の赤ちゃんの性別 が分かったときのことや
赤ちゃんの性別の判断の方法などを
紹介しています。

お腹が突き出ていたら?顔つきがきつくなったら?
という赤ちゃんの性別の判断方法の
信憑性についても触れています。






妊娠出産体験記

妊娠8ヶ月●赤ちゃんの性別は?
8ヶ月は問題なく経過。
赤ちゃんの性別は女の子とはっきり分かりました。

赤ちゃんの性別は病院によっては教えない方針を
とっているところもあるようですが、
私の行っていた病院では、
聞いたらあっさりと教えてくれました。



性別はエコーで赤ちゃんの性器を見て判断されます。

男の子はおちんちんが見えたら
はっきり男の子と分かるのですが、
女の子の場合、
男の子がおちんちんを隠している場合があるので、
たぶん女の子だろうと、しばらく判断を保留されていました。

赤ちゃんの性別を判断する外性器は、
妊娠16週頃に作られるので、
その頃を過ぎたら
徐々に性別が判断できるようになります。

私の友達などは、
性別は生まれるまで聞かずにおこうと決めていたのに、
エコーに性器がうつっていたので、
自然に分かってしまったと言っていました。

聞かずにおこうと思っていても、
ポロッと性別を言ってしまうお医者さんもいるので、
聞きたくない人は、
はっきりと伝えておいたほうが良いですよ!!



昔は赤ちゃんの性別が生まれるまで分からなかったので、
男の子でも女の子でも使えるようにと
黄色い服を用意したとよく言われますが、
今は便利な世の中になったもんだなと思います。

私は性別が女の子と分かってから、
ピンクや赤のベビー用品を買いました。

私のお腹は、ものすごく前に突き出ていたので、
みんなに
「絶対、男の子だ!」
と性別の予想をされていました。

昔から、お腹が前に突き出ていたら男の子で、
全体に丸く大きくなったら女の子と予想されるようです。

あとは顔つきがきつくなったら男の子、
優しい顔つきになったら女の子、とかです。

性別は男と女のどちらかしかないので、
偶然当たる事もあるかもしれませんが、
私は身をもって、
この情報が信用できないということを証明しました。

あと不思議なのが主人は最初から、
赤ちゃんは女の子だと確信していたというのです。
何か、野生の感が働いたのでしょうか?


(妊娠28週)
8ヵ月健診。
今日は赤ちゃんはちゃんと頭を下にしていて、
下がりすぎてもいないし、特に問題ないとの事。
体重もコントロールできている。

問題ないので内診もなかった。

赤ちゃんの推定体重は1186g。
赤ちゃんの性別はやはり女の子との事。

エコー写真は横顔と、もう一枚はどうやら顔面のアップ。
すごいだんごっ鼻が写っていたのでびっくり!!





先生いわく、
赤ちゃんは子宮の壁にぎゅっと押さえられているので
エコーでは押しつぶされたように写ってこんな顔になる。
実際にはこんなだんごっ鼻ではないとの事。



仕事の方はあと1ヶ月診断書を書いてもらって
休むことになった。

仕事を休んでいたほうが自分の体調も
赤ちゃん調子も良いし、
体重のコントロールもうまくいっているので、
そのほうが良いという判断が出たからだ。

1ヵ月休んだらそのまま産休に入ることになる。

体重は1ヶ月に1kgくらいなら増えてもいいし、
最終で10kgくらいならすぐに戻りますといわれた。

実際、私は11kgくらい増えたが、
産後3ヶ月までに体重が元に戻った。

体重を早く戻すには、
やはり母乳の効果が大きいようだ。

母乳をあげていると、800kcalくらい余分に栄養を
取らなくてはいけないし、
食べてもどんどん母乳になって出て行くという感じで、
お腹がすいて食べまくっていたけれど、
体重はどんどん落ちました。

(妊娠30週)
8ヶ月に入って、健診が2週間おきになりました。

仕事を休んでから本当に体調が良くて、
体重も増えないし、赤ちゃんも順調。

エコーで見て問題が無い時は内診が無いのでうれしい。
我慢しているけれど妊婦といえども内診は嫌なものです。

内診は力を抜いていたら大丈夫といわれるけれど、
先生によっては痛かったりします。

胎動も迫力が出てきて、
お腹が波打つように、まるでエイリアン!!
と思うほど動くこともあります。



(妊娠31週)
8ヶ月も最終になり、お腹はこぼれ落ちそうなくら大きくなりました。

まさにスイカです。
きっと、スイカ畑にいたら、
スイカ泥棒に間違えられます。

お腹のせいで下を向いて寝られないので、
出産を終えたら、下を向いて寝たい。

上を向いて寝ると、腹部大動脈が圧迫されて苦しくなるので、
横向きにしか寝られません。

横を向くと、お腹が横に垂れてしんどいので、
下にクッションをかませて寝ていました。

最近、赤ちゃんが2秒おきくらいに
小刻みにお腹をけり続けることがある。
10分とか15分続くこともあるので、心配。

もしかして痙攣じゃないだろうか?
「何してるの?どうしたの?」
と話しかけて、お腹を押すともぞっと動いて、
また同じ動きをはじめる。

これは一体何なんだろうか?
次の健診に行ったら先生に聞いてみよう。


妊娠 9ヶ月 母親教室に行こう! へ続く


コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP

ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング



プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved