スポンサードリンク




切迫早産

切迫早産の危機!!


切迫早産の危機!!(妊娠7ヶ月)では
妊娠してからも仕事を続けていた私が、
切迫早産
の危機に陥り、仕事を休んで
切迫早産
の危機を乗り切るまでの様子を
紹介しています。

仕事のストレスが切迫早産の危険を
起こしていたのかも知れません。





妊娠出産体験記

妊娠7ヶ月●切迫早産の危機!!

妊娠7ヶ月はいろいろありました。
切迫早産の危機に、体重オーバー。
まさか自分が切迫早産の危機にさらされるとは。

ちょっと仕事をがんばりすぎたかな?

今から思うと仕事の疲れとストレスが
原因だったのかなと思います。

ストレスは自分が思っている以上に
体に負担をかけるということを思い知らされました。

ストレスは仕事だけが原因ではないですが、
仕事を持っておられる妊婦さんは特に気をつけてくださいね。



(妊娠24週)
7ヶ月の健診。
赤ちゃんは700gに育っていました。
先生に少し小さめだと言われたけれど、
これくらいで標準だと思うんだけどなー。





赤ちゃんはまずまず順調だったけれど、
私の体重の増加を注意されてしまいました。

なんと妊娠7ヶ月で6kgも増えていたのです。

このままいくと60kgまで増えてしまいますよ!!
と怒られてしまいました。

ちなみに妊娠前の体重は46kg。
赤ちゃんはまだ1kgにも満たないというのに・・・

最近は妊娠による体重増加は
10kg前後に抑えるようにと指導されているので
私の場合、56kgまでにおさめなければいけません。

母子手帳に「カロリー制限」と
ハンコを押されてしまいました。

仕事を続けているから体力を消耗すると思って、
油断して食べ過ぎていたのかな。
これから気をつけよう。



しかし、実際には体重より重大な問題が起こっていた。

切迫早産のおそれがあるとの事。

仕事中は特にお腹がよく張りました。

赤ちゃんの頭が肛門のほうを押している感覚が
分かるときもある程でした。

自分でも少しは切迫早産の可能性があるのではないかと
気になっていたところに
やはり先生からの指摘がきました。

もともと赤ちゃんが下がり気味のうえに、
子宮口が開きかけている言われました。
 
そして、NSTという
お腹の張りと赤ちゃんの元気さを見る検査を受けました。
機械を取り付けると赤ちゃんの心音が聞こえた。
とても元気な音が聞こえました。

すると赤ちゃんが今までにないようによく動き始めた。

まるで自分の心臓の音に反応しているようでした。

この検査をしている間は不思議とお腹の張りもなかった。

やはり、リラックスしているときはあまり張らないようだ。

検査の結果、お腹のはりもたいしたことないし、
無理をしなければ大丈夫といわれたが、
仕事がハードなので診断書を書いてもらった。

ウテメリンという張り止めの薬を処方された。

切迫早産の診断書も出たので、
薬を飲んでから、職場に提出しにいった。

切迫早産のおそれがあるので、
仕事を休ませてもらえるように頼みました。



職場に顔を出していた頃に、なんだか顔がほてりだして、
動悸や手のふるえが出だした。
ウテメリンという薬を飲んでちょうど1時間くらい経った頃でした。
きっとウテメリンの副作用だと思います。

やっぱり薬って恐い物だと思いました。



健診の3日後、実家に帰った。
切迫早産のことを話したら心配していたが、
無理をしなければ大丈夫だと伝えた。

ごはんをご馳走になった。
おいしくて食べ過ぎたのか、
薬の副作用か分からないが、
胃が痛くなってしまい、しばらく横になった。

それからは、なるべく薬は飲まずに安静にして、
お腹があまり張らないように、
またお腹が張ったら無理をせずに
横になるようにして、気をつけた。

性別はどうやら女の子のよう。
エコーをよく見ると股の間におちんちんが無く、
女の子の外陰部らしきものが見えた!

(妊娠25週)
一週間後、診察に来た。
体重は増えていなかった。
カロリー制限の効果が出ている。

問題の切迫早産のおそれは、
なんと、回復しているといわれた。

先生によると、やはり仕事を休んで
ゆっくりと体を休めたのが
良かったのだろうとの事。

ウテメリンで胃が痛くなったかもしれないと先生に言ったら、
お腹の張りはまだあるので
薬は必要らしく、あわせて胃薬を処方された・・・

仕事は引き続き休むことになった。



今日は赤ちゃんが頭を上にしていた。
この前までは下にしていたのに・・・

私が逆子で
母が出産に苦労したとよく聞かされていたので、
逆子だけは勘弁してほしい。
でも、まだ7ヶ月なのでまわって戻るだろうとのこと。

切迫早産のおそれで仕事を休むことになったが、
実際のところ、腰もおしりも痛くて立ち仕事がつらかった。
もう1日フルで働ける状態ではなかった。

医療現場なので、いろいろな薬や感染症など
心配なことも多く、
他のスタッフが配慮してくれる事もあったが、
やはり自分の身は自分で守らなければならず、
かなりのストレスを感じていました。

はっきり言って体が限界に来ていました。

そんな私を赤ちゃんが
「もうゆっくり休んで」
と助けてくれたような気がしました。

不妊治療に足を踏み入れそうになっていたときも
赤ちゃんが助けてくれたし、
この子はなんて親孝行な子なんだろうと思いました。



(妊娠26週)
家でくつろいでいるとき、ふと思い立って
聴診器(仕事用の自前の物)をお腹にあててみたら
下腹部のほうで赤ちゃんの心音が聞こえた!

きっと赤ちゃんの位置が良かったのだと思います。
それから後は、
このときほどはっきり聞こえることはなかったです。

(妊娠27週)
7ヶ月も終わりに近づいて、
お腹が胸の下辺りまで大きくなってきたので、
少し後ろのめりになっていないと
息苦しく感じるようになってきました。

おへそも今に無くなりそうな勢いです。

体重コントロールを指示されてから、ご飯を減らして、
散歩などを積極的にしています。
その成果が出て52kg台を維持しています。

体重が増えなくなったのは、
仕事を休むようになったのもひとつの理由かなと思います。

仕事のストレスで食べ過ぎていたのかもしれないと
思いました。

腰やお尻が痛いのに加えて、
お腹が一段と大きくなったので、
夜寝ているとき寝返りをすると
目が覚めてしまうようになりました。

妊娠 8ヶ月 赤ちゃんの性別は? へ続く


コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP


ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング



プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved