スポンサードリンク




喫煙

と子供について

喫煙マナーについて考える


喫煙マナーについて考えるでは、
最近特に気になる喫煙マナーについて、
考えています。

喫煙は喫煙している本人だけでなく、
周りの人にも悪影響を及ぼします。

子供や周りの人の立場に立って、
喫煙マナーのことを考えて欲しいと思います。




もともと喫煙には反対派なのですが、
子供ができてから特に喫煙が気になるようになりました。

喫煙は百害あって一利なし。
できれば、喫煙しているすべての人に
禁煙して欲しいと思いますが、
それほど簡単ではないことは分かっています。

でも最近、子供を連れて外出するようになると、
喫煙マナーの悪さに驚くことが増えました。


私が、体験したことを紹介したいと思います。

たばこの害についてはこちら(たばこの害について)
詳しく説明していますので
よろしければどうぞごらんになってください。







私はもともと喫煙しません。

私の主人も、少し喫煙していた時期は
あったようですが、今は吸いません。

私はたばこが嫌いなので、
主人が喫煙しないので、本当に良かったと思っています。

私の父はヘビースモーカーです。
今も、誰がなんと言おうと、禁煙してくれません。

ですので、
私は小さい頃からたばこの煙を吸って育ちました。

弟が2人いますが、2人とも喫煙しません。

理由は、親がいっぱいたばこを吸っていたから、
たばこが嫌いになったと言います。

親を反面教師にしたのです。


最近は、喫煙の悪影響がよく言われていますが、
私が小さい頃はそんなことはあまり聞かれなかったように
思います。

たばこの害について、のページにも書いていますが、
私は、小学生くらいの頃、みんなで海水浴に行ったとき、
喫煙者がジュースの残った空き缶を灰皿代わりに使っていて、
それをまだジュースが残っていると思って口にしてしまって、
あわてて吐き出したことがあります。

口がしびれるような感覚がありました。
大事には至りませんでしたが、
もっと小さい子供なら大変なことになっていたと思います。

こんなこともありました。
川遊びをしていて、
大人の方がたばこを手に持ったまま私を抱っこして、
私の腕にたばこが当たってやけどをしてしまいました。
とても熱くて痛かったし、
丸いやけどのあとがしばらく消えませんでした。

そんなことがあって、
私は、たばこに関しては良い思い出が無いのです。

それどころか、たばこは凶器のように思っています。



最近はファミリーレストランなどでは
全面禁煙のお店が増えています。

でも、まだまだ禁煙席すらないお店も多いです。

食事を取った後に一腹という気持ちがあるかもしれませんが、
その煙を吸って不快になる、まだ食事中の人がいることを
どうか考えて欲しいと思います。


喫煙席と禁煙席が分かれていても、
フロアが同じなので、煙が流れてきて
いつも不快な思いをするので、
私が利用するのはもっぱら全面禁煙の
ファミリーレストランに限られています。

時々、驚きの光景を目にします。
家族連れで食事に来ていて、喫煙席に座るなり、
お父さんとお母さんがそろってたばこを吸い始めて、
子供に煙を浴びせているのです。

私にはちょっと理解しがたい光景です。
子供の健康が気にならないのでしょうか?

どうか、喫煙の害について勉強して、
自分の体や子供のことを考えて欲しいと思います。



看護師をしていた頃、妊娠したにもかかわらず、
たばこがやめられない同僚がいました。

その同僚は、たばこでむせ返りながら妊娠を継続して、
小さめの赤ちゃんを出産されました。

禁煙できていたら、
もう少し大きくなって生まれていたのかな?と思います。

看護師仲間には喫煙者が多かったです。
ストレスが多いからでしょうか?

患者さんの体を守りながら、自分の体を蝕んでいるなんて・・・



子供がいないときには気づかなかったことに気づく事もあります。

それは、たばこのポイ捨てのあまりの多さに驚いたことです。

今までは何気なく歩いていた道にも、駐車場にも、
たばこの吸殻がいっぱい落ちていて、
吸殻の落ちていない道を探すほうが難しいのです。

これは本当に悲しいです。

どうして気付いたかと言うと、
子供と散歩していたときに、
子供がたばこの吸殻を手にとって口に入れていたのです。

最初、何を持っているのか気づきませんでした。
それがたばこの吸殻であると気づいた時には、
心臓が止まりそうになりました。

子供はなんにでも興味を持ちます。

見たことの無い、これは一体何かな?って、
手にとって、口に入れて確かめようとします。

危ないものを、除けてあげるのは親の役目かもしれませんが、
たばこの吸殻は数が多すぎます。

喫煙者の皆さん、
どうかたばこのポイ捨てをしないようにお願いします。
本当に、お願いします。



ある日、子供といっしょにスーパーの前にある公園で
遊んでいました。
そこのベンチに若い女性が2人腰かけていました。

うちの子にも笑いかけて相手をしてくれて、
優しい人たちだなと思っていました。

その女性達はたばこを吸っていたのですが、
屋外でもあるし、マナーを守っていてくれるならと、
気にしていませんでしたが、
女性達が立ち去った後のベンチに子供が座ろうとした時、
ギョッとしました。

ベンチの端に、
たばこを押し付けて消したと思われる灰が
いっぱい付いていたのです。

思わず、
「座ったらダメ!!」
と言ってしまいました。

灰皿は、ベンチより2〜3メートル離れたところにありました。

ベンチに押し付けてたばこの火を消すなんて・・・

後に座る人のことや、ベンチのことを考えたら、
そんなことできるはずはないと思うのですが・・・

とっても悲しくなってしまいました。



私はたばこが嫌いです。
でも、単に私が嫌いだからという理由だけじゃなくて、
体を大切にするために、本当はみんなに喫煙をやめて欲しい。

それでも、
どうしても喫煙がやめられないのであれば、
喫煙者としての最低限のルールを守って、
喫煙して欲しいと思います。


子供を持つ母親として、社会の一員としてどうかお願いします。



コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP


ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング



プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved