スポンサードリンク




感染症

について

感染症詳細


感染症の詳細では主な性感染症
症状、特徴、治療法などを紹介しています。

性感染症は症状が出にくいものもあるため
気づきにくいことがあります。

主な性感染症のことを知り
早期発見できるようにしてください





クラミジア
10〜20代の女性に急増している
最も感染者の多い性感染症です。

女性の自覚症状・・・自覚症状のない場合も多い。
            多少おりものが増える。軽い下腹部痛、排尿痛。

男性の自覚症状・・・女性よりさらに症状が軽く自覚しにくい。
            排尿時の軽い痛み。
            性器の不快感・かゆみ・水や粘液のような分泌液

感染から1〜3週間で発症します。
病気が進行すると、子宮内膜炎、卵管炎、
腹膜炎などを起こします。

ひどくなると卵管の癒着を起こして不妊症になったり、
妊娠しても子宮外妊娠、流・早産を起こしたりする
可能性があります。

さらに感染したまま出産すると産道で赤ちゃんに感染して
結膜炎や肺炎を起こすこともあります。

男性の場合も尿道炎や睾丸炎、
不妊症になる恐れもまれにあります。

治療は抗生物質の飲み薬で2週間ほどで治療可能です。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウィルスが原因。
クラミジアについで多い感染症。

女性の自覚症状・・・性器に激しい痛みを伴う水泡や潰瘍ができる
            激しい痛みで歩行や排尿が困難
            38度以上の発熱

男性の自覚症状・・・ペニスに痛みを伴う水泡や潰瘍ができる
            排尿痛、発熱

新生児ヘルペスになると脳炎や肺炎を発症し半数は死亡し、
助かっても重い障害を残すことになるため、
出産時に症状が出ているときは
赤ちゃんへの感染を防ぐために帝王切開で出産します。

高熱や激痛などの重症時には抗ウィルス剤の注射や飲み薬。
水ぶくれや潰瘍には軟膏で治療します。

重症のものでも2〜3週間で症状はきえますが完治は難しく
疲労や生理、セックスなどの刺激によって再発してしまいます。

一度感染したら再発の可能性を頭にいれ、なるべく体力や
免疫力を低下させないように心がけましょう。

膣トリコモナス

トリコモナス原虫によって感染する。

女性の自覚症状・・・外陰部がかゆい。性交痛
            黄緑色や薄いうみのようなおりものが増える
            子宮の入り口付近が赤くはれる

男性の自覚症状・・・軽い排尿痛
            気づかないことも多い

感染後1〜2週間で発症。
感染をほおって置くと不妊、流・早産の危険をまねきます。
トイレの便座を介して感染することもあります。
治療は飲み薬を1週間から10日ほど飲みます。

毛じらみ・疥癬

女性・男性の自覚症状・・・
 毛じらみ・・・陰毛、腋毛などに激しいかゆみ
 疥癬・・・全身に激しいかゆみと発疹

いずれも寄生虫によって感染します。
感染者とのセックスや、シーツ、衣類などの
体に触れるものの共用、
野外での不潔なセックスで感染します。

治療はかゆみ止めの軟膏を使います。
さらに殺菌パウダーや
シャンプーを使うこともあります。

寝具や衣類にドライクリーニングなどの熱処理をします。

淋病

男性に増加中。
オーラルセックスによる、のどへの感染も起こります。

女性の自覚症状・・・症状が出ないことが多い
            黄色い膿のようなおりもの
            頻尿、排尿痛
            咽頭痛、咳

男性の自覚症状・・・尿道痛や熱感
            ペニスの先から白く濁った膿
            強い排尿痛、排尿困難

淋菌という細菌によって感染。
とても感染力が強く一回のセックスで50%の確率で感染します。

女性では不妊の原因になることもあり、
感染したまま出産すると、
赤ちゃんに感染して淋菌性結膜炎を起こし
失明することがあります。

治療は抗生物質を一週間ほど服用すれば治ります。



梅毒

女性・男性の自覚症状・・・

第一期(感染後3週間〜3ヶ月)
 性器に大豆くらいの硬いしこりができる
 太ももの付け根のリンパ節がはれる

第二期(感染後3ヶ月〜3年。最も感染力が強い時期)
 全身に症状が広がる。脱毛
 皮膚のバラ疹(小指の先ほどの斑が全身にできる)
 
第三期(感染後3年〜10年)
 全身に硬いこぶのような「ゴム腫」ができる

第四期(感染後10年以上)
 心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が困難になる

梅毒トレポネーマという細菌により感染する。
一回のセックスで感染する確率は15〜30%。
妊娠すると赤ちゃんに感染して流産や死産をしてしまう
恐れがあります。

治療は抗生物質を完治するまで続けます。

尖形コンジローム
 
女性の自覚症状・・・性器や肛門の周りに先のとがったイボができる

男性の自覚症状・・・ペニスの先や包皮、肛門周囲に先のとがった
             イボができる

セックスによってヒトパピローマウィルスに感染して起こります。

感染から数週間から2、3ヶ月たってからできます。
痛みやかゆみはありませんが、ピンクや白色の先のとがった
イボがたくさんできます。

両性型と悪性型があり、悪性では女性は子宮頸がん、
男性では
陰茎がんの発症につながるといわれています。

出産時に感染していると、赤ちゃんに感染して
のどにイボを作って
窒息の原因やがんにつながることもあるので、
帝王切開で出産します。

治療は患部を電気やレーザーで取り除く方法が主流ですが、
再発を繰り返すことがあるので根気良く治療することが大切です。



■お願い
 ハッピー育児★生活 毎日が宝物は
個人が運営しているサイトです。

病気に関しては、一般的な症状などを
書いていますが、
症状の出方は人によって差があり、
教科書どおりではないことが多いです。
 
心配な症状があれば、早めに医療機関を受診して
専門家の診察を受けるようにしてください。

コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP

ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング



プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved