スポンサードリンク




エイズ

の知識


エイズ(HIV感染症)について


エイズ(HIV感染症)についてでは


エイズの感染や症状などの知識を紹介しています。

エイズはいまだに感染者数が増加しています。
エイズの正しい知識を身に付け自分の身を守りましょう。

偏見もなくしましょう。







「自分だけは大丈夫」という考えは
もはや通じなくなってきているのかもしれません。

先進諸国の中で日本だけがいまだにエイズ感染者数が
増加しているという報告があります。

エイズに関する正しい知識を身につけましょう。


エイズはHIV(通称エイズウイルス)に
感染して起こる病気です

感染してもおよそ10年は症状が出ず、
免疫力が落ちて、
さまざまな症状が出てきた状態をエイズといいます。

治療法は進歩してきていますが、
完全なウイルスの排除はまだできません。

エイズの発症をおさえる薬は開発されています。

エイズは早期発見、早期治療がとても大切です。


エイズでの死亡率は低下してきているものの、
感染者数は増加の一途をたどっています。

当初は同性愛者の病気といわれていましたが、
現在は、男女間の性行為による感染、
特に若年層の感染が
確実に増えてきています。



感染経路
エイズウイルスの感染源は、感染者の血液、精液、膣分泌液、
母乳です。
性行為による感染では性器、肛門、粘膜などにできた傷から
エイズウィルスが進入して感染します。

性行為による感染を防ぐにには、
コンドームの使用が最も有効です。

口やのどに傷があればオーラルセックスでも感染します。

麻薬や覚せい剤のまわし打ちで感染する可能性は
非常に高いので、絶対にやめてください!


現在、献血時の血液検査において、
完全にエイズウイルスを排除するのは難しく、
すり抜けて混入する可能性があります。
ですので、検査目的での献血は絶対にやめてください!!

*もしもエイズウィルスが検出されても、
本人には通知されないということです。


母親から子供へ、妊娠中の胎盤感染や、
出産や授乳での感染の可能性があります。

感染者が出産をするときは産道感染を防ぐため
帝王切開を行います。


私が出産で入院したときは、
その病院でエイズ検査が行われました。

クラミジアなど、他の性感染症に感染していると
エイズウイルスの感染率は
3〜5倍増加するので要注意です。


「心配な行為があった時から約3ヵ月後」から検査は可能です。
しかし、検査ができない期間でもエイズは感染してしまいますので、
注意が必要です。



次のような日常生活の行為ではエイズに感染しません!!

食事、空気、咳・くしゃみ、握手、抱擁、普通のキス、ドアのノブ・
便座、電話機、電車、バスのつり革、衣類、洗濯、シャワー、
入浴、風呂場、プール、体育館、職場、保育園、幼稚園、学校、
感染者の診察などの日常的な接触。

また、涙・汗・唾液に入っているエイズウイルスの量は
非常に少ないので、
これらによる感染はありません。
また、蚊やその他の昆虫、ねずみなどの動物、
ペットを媒介とした感染もありません。

このように正しい知識を持っていれば、
エイズ感染者を極度に避けたりしなくても、
普通に生活できるということが
わかってもらえると思います。


エイズの症状
感染から6〜8週間頃に、発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛、
といったインフルエンザのような症状が出る場合があります。

しかし、気づかない人もあり、症状も数週間できえてしまいます。

その後、無治療の場合全く症状の出ない期間が、
約5〜10年程度続きます。

治療をしないで放置していると、
免疫力が少しずつ低下していきます。

エイズの発症が近づくと、 下痢や寝汗、全身のリンパ節の腫れ、
急激な体重減少、食欲低下などがおきます。

また口の中に白い斑点ができます。
このような状態をエイズ関連症候群といいます。

さらに免疫力が低下していくと、 カリニ肺炎やカンジダ症などの
日和見感染症、カポジ肉腫などの悪性腫瘍、あるいは、
運動障害や痴呆といった神経症状を合併したりするなど、
さまざまな症状があらわれます。

このような症状をエイズ(後天性免疫不全症候群)と言います。

エイズの予防
エイズウィルスは60度以上の加熱やアルコールなどの消毒で、
すぐに死んでしまいます。

病院や歯科医の針やメス、理髪店や美容院のハサミやカミソリ
などは消毒してあるので安全です。

また、輸血用血液は全部検査され血液凝固因子製剤も
加熱処理されているので、輸血などでうつることはありません。
 
感染を予防するには、
感染源となる
@精液、
A膣の分泌液、
B血液
に直接触れないようにすることが大切です。


エイズの検査
「心配な行為があった時から約3ヵ月後」から検査は可能です。

エイズ検査は保健所で無料・匿名で受けられます。
自分の住んでいない地区での検査も可能です。

少量の血液を採取して検査します。
検査は10分ほどで終わり、2週間後に結果がわかります。
結果が陽性のときは確認検査が行われます。

保健所へ行くのはどうしてもいやという人は、自宅に居ながら、
匿名で検査を受けることもできます。
検査キットを使って検査します。
パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査が必要です。

エイズの治療
エイズには今のところ特効薬はありません。
現在は、抗ウィルス薬を服用することによってエイズウィルス
の増殖を抑える治療が効果をあげています。

エイズウィルスを体内から完全に消すことはできませんが、
発症を防いだり、
遅らせたりできます。

治療を続けながらエイズの特効薬ができるを
待つこともできるようになっています。

終わりに
恐ろしい病気ですが、エイズに関する正しい知識を持っていれば、
感染を防ぐことができます。

正しい知識を持って身を守りましょう。




■お願い
 ハッピー育児★生活 毎日が宝物は
個人が運営しているサイトです。

病気に関しては、一般的な症状などを
書いていますが、
症状の出方は人によって差があり、
教科書どおりではないことが多いです。
 
心配な症状があれば、早めに医療機関を受診して
専門家の診察を受けるようにしてください。

コンテンツ

ハッピー育児★生活 毎日が宝物
TOP


ハッピー育児

自然と触れ合うことの大切さ

命の大切さについて考える

母乳について考える

搾乳機について考える

離乳食について考える

子供は宝物

天才の育て方!?

喫煙マナーについて考える

テレビはみせてはいけない?



妊娠出産体験記
妊娠日記をつけよう!
妊娠までのこと
妊娠初期(妊娠発覚〜4ヶ月)
  エコー写真が早く欲しい!

妊娠 5ヶ月〜6ヶ月 
  胎動を感じた!

妊娠 7ヶ月 
  切迫早産の危機!

妊娠 8ヶ月 
  赤ちゃんの性別は?

妊娠 9ヶ月 
  母親教室に行こう!

妊娠 10ヶ月 
  妊娠線出現!

陣痛との戦い!
出産だ!!
出産後 
 立会い出産をしてくれたお父さんに感謝




ママ(女性)と子供の健康管理

生理の正常を知ろう!
エイズ(HIV感染症)について
月経困難症について
イソフラボンと女性の関係
たばこの害について
パニック症候群について
ピルについて
子宮内膜症について
冷え性を克服しよう!
女性ホルモンの働き
性感染症(STD)に注意!
感染症(STD)の詳細
全身性エリテマトーデス
乳がんとその他の良性の病気
避妊について
卵巣の病気
水虫に注意!
自家中毒とは?



ハッピー生活の工夫と知恵
料理の裏ワザレシピ
デザートの裏ワザレシピ
蜂蜜で元気!

パワーストーンに元気をもらおう
アクセサリーでラッキーを呼ぼう!
 &結婚記念日メモリアルリング




プロフィール







  ハッピー育児★生活 毎日が宝物 HOME
Copyright (C) ハッピー育児★生活 毎日が宝物 All Rights Reserved